高級時計のオーナーになる|世界中から愛されるロレックス|修理をして寿命を延ばそう
作業者

世界中から愛されるロレックス|修理をして寿命を延ばそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級時計のオーナーになる

腕時計

維持費がかかります

初対面の人に自分のステータスを一目で理解してもらえる小物があります。それは、ロレックスに代表されるような高級腕時計です。安価な汎用タイプの腕時計は時間を知るための道具でしかありませんが、ロレックスのような高級腕時計は単なる道具ではなく装飾品としても立派に通用します。高価な宝石や貴金属を身に着けることでも自分の財力やステータスをアピールすることができますが、やり方次第ではとても下品な印象になってしまいます。これでもか、これでもかと自分のステータスを前面に押し出す行為は美しくありません。自分のステータスをさりげなく主張するには、ロレックスのような高級腕時計を身に着けるのが一番です。ロレックスが似合う人間になることを目指して仕事に精を出す人もいますが、ロレックスオーナーになると、決して安くはない金額の維持費を負担することになるということを覚えておく必要があります。具体的にはオーバーホール費用や修理費用がかかるわけですが、これらの費用をケチることはできません。

いくら位かかるのか

時計は機械ですから、定期的にメンテナンスをしていないと寿命が短くなってしまいます。壊れてしまった時に修理に出すのはある意味で当たり前のことですが、どこも壊れていなくてもオーバーホールする必要があります。ロレックスは、だいたい3〜5年に1度のペースでオーバーホールに出すのが望ましいです。気になるのがオーバーホール費用ですが、ロレックスの正規代理店にオーバーホールを依頼した場合は、最低でも5万円位の費用がかかります。町の時計屋さんを利用した場合だと1〜2万円前後で済むことが多いのですが、非純正部品を使われてしまう可能性が高いです。また、ロレックス専用の工具を持っていないため、パーツに傷をつけられてしまう恐れもあります。維持費を少しでも安く抑えたいのなら町の時計屋さんを利用するとよいですが、安心感や信頼感を重視するのであればロレックスの正規代理店でオーバーホールするのが賢明です。